イミテーションの木


作詞・作曲:Kazutoshi Sakurai

導火線の火が
シュって音を立てて砂浜を這う
その細く強い光
一瞬、静寂がふっと夜を包んで
浮かび上がる あの娘の横顔

風に乗って響いてく音 火薬の匂い
打ち上げられた花火に夢を重ね見上げていた

深く沈めた記憶
向こう岸に捨てた憧れ
青臭い恋のうた

時間は残酷
もう魔法は解けてしまった
過去ばかりが綺麗に見える
現在(いま)がまた散らかっていく

リニューアルしたビルの中
イミテーションの木が茂る
その永遠の緑をボーっと見ていた

世界中に起こってる悲劇と比べたら
僕の抱えたモヤモヤなど
戯言だってよく知っている

イミテーションの木の下を
少年が飛び跳ねている
それを見た誰かの顔がほころぶ
情熱も夢も持たない張りぼての命だとしても
こんなふうに誰かをそっと癒せるなら

導火線が今
シュって音を立てて胸に点る
この確かな強い光

無機質なそのビルの中
イミテーションの木は茂る
なにかの役割を持ってそこにある
イミテーションの
イミテーションの
張りぼての命でも人を癒せるなら
本物じゃなくても君を癒せるなら

2013年01月 歌詞 Mr.Children ミスチル
ミスチル新譜情報
おすすめ商品