通り雨


収録アルバム:HOME(Track 13)
作詞:Kazutoshi Sakurai 作曲:Kazutoshi Sakurai


受け入れたつもりが どこかで拒んでる
その理由すら自分でわからない
目に見えている事
その向こう側にある命の息吹 聞こえる

叶わない夢なら 捨てちゃえば身軽だよ
知ってる 分かってるんだけども
もう少し抱きしめていたいや

通り雨 ほらまた降り出した
木の下で雨宿りしながら
物思いにふけっているよ
通り雨 この胸を濡らして
水溜まり いくつも作っていく
いつか光が射して それが乱反射し合って
キラキラ輝くといいのに

甘えるのが嫌で 寂しいのが苦手
あまのじゃくだと 君は笑うけれど
恨み続けながら とっくに許してる
そんな毎日 繰り返す

生まれた瞬間から ゆっくりと死んでゆく
そこからは もう逃れようがないなら
笑っていたいんだけどな…

通り雨 まだ降り続いてる
新聞をめくってる間に
また陽は照りつけるだろう
通り雨 この胸を濡らして
水溜まり いくつも作っていく
いつしか夜になって そこに星空が映って
キラキラ輝くといいのに

雨上がりの街にある特有の匂い
透き通った空気が好きだった
何かをリセットしたみたいな気配が
新しい僕を運んでくる気がして…

通り雨 ほらまた降り出した
鼻歌を歌ってる間に
また陽は照りつけるだろう
通り雨 この胸を濡らして
水溜まり いくつも作っていく
いつか光が射して それが乱反射し合って
キラキラ輝くといいのに

通り雨 この胸を濡らして
水溜まり いくつも作っていく
いつしか夜になって そこに星空が映って
キラキラ輝くといいのに
キラキラ輝くといいのに


【収録CDアルバム】
homeHOME
Track 13
発売日:2007年3月19日
通り雨 歌詞 Mr.Children ミスチル
ミスチル新譜情報
おすすめ商品