スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FIGHT CLUB

収録アルバム:REFLECTION
作詞:Kazutoshi Sakurai 作曲:Kazutoshi Sakurai


99年 ミレニアムを間近にしてナチュラルハイ
世界中が浮足立ってた
そしてお前は ファイトクラブでブラピが熱演してた
イカレた野郎に憧れてた

皮肉で染まった色眼鏡かけて
そこからすべてのものを見下し

仮想敵見つけ
そいつと戦ってた
誰も相手になんかしてないのに
例え敵でも 嫌いな奴でも
ひとりより まだマシだった
孤独がいちばんの敵だった

戻らないぜ 帰れないぜ あのバカらしい日々に
後ろ髪を引かれてみても

「わかってない奴らばっか」と 嘆いては
自分は特別だって言い聞かせた

駐車違反のジャガーのボンネットにジャンプして踊ってた
荒っぽいステップで
まるで路地裏のヒーローを気取って
惨めな気分を踏み潰してた

サイレンの音…
走って逃げた夜

やがて酔いが回り
口にしたすべてを吐き散らかし高笑い
若かったで片付けたくないくらい
この胸の中でキラキラ
輝いてる大事な宝物

真の敵見つけ
そいつと戦わなくちゃ
少しずつ怖いもんは増えるけど
死を覚悟するほど まして殺されるほど
俺たちはもう特別じゃない

共に今を生き抜こうか my friend

FIGHT CLUB 歌詞 Mr.Children ミスチル
ミスチル新譜情報
おすすめ商品
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。